2012.03.18

2012年天皇杯千葉県予選決勝&県サッカー選手権大会

千葉県サッカー選手権大会 兼 天皇杯予選千葉県社会人決勝戦 が2012年3月18日に市原臨海競技場で行われました。

浦安JSC 対 FC千葉なのはな の試合は2−0で浦安JSCの勝利&優勝で今年の最初のタイトルを取る事が出来ました。

トップチームは「浦安JSC」で戦う最後の試合となり、この大会で優勝を飾る事ができたことは歴史に残す意義が高かったと思います。応援に駆けつけていただいた皆様、ありがとうございました。

Naa_0777

(クリックで拡大)

この大会は予選を圧倒的な強さで勝ち上がり、決勝トーナメントでは船橋FCに5−0、市原VONDSに2−1と勝利し、同じく勝ち上がったFC千葉なのはなとの決勝となりました。

選手達は浦安JSCとしての最後の試合ということもあり、モチベーションはとても高い。

Naa_0653

試合は小雨の中で、芝が少しスリッピーな状態でした。監督からいつも通り「立ち上がりが一番重要だ。思いっきり行け!」と激を飛ばされ、その通り開始のホイッスルが鳴ってすぐにゴールに迫ります。

新規加入のFW田中俊哉(背番号9)が前線でのターゲットになり、高いボールはほとんどものにします。高さで起点になり、サイドからのセンタリングでも競り勝つ強さ。船橋戦で頭を3針も縫う怪我をしたとは思えない力強さを出しました。

Jsc2012005

(相手GKと競り合う田中)

相手のオフサイドでボールがゴールに飛び込むということが1度ありましたが、それ以外は固い守りと前線から中盤での強い守備の意識で、相手の攻撃でヒヤリとする場面はほとんどありません。

しかし浦安JSCもゴール前にボールを持ち込み、何度もシュートを試みますがゴールネットを揺らすに至らず。前半は0−0で終わりました。試合の様子では負けるということが全く思われない良い出来だったので、後半のどこかで得点はするだろう、というサポーターのなごんだ雰囲気でのハーフタイム。

Jsc2012006

浦安JSCとここで掲示されるのも最後なんだなぁ、と増田GMと感慨深げに眺めていたのです。

後半開始15分、田中が見事にゴールを決めます。

Jsc2012007

Jsc2012008

Jsc2012009

サイドからのハイボールにうまく合わせました。

そして35分には田中と清水の大学先輩後輩で掛け合いで美しいゴールシーン。

 

応援をしている中学生が思わず「カッコいい!」「やばい、上手い」と話していますね。

最後まで危なげない展開で終始安定した守備で無失点で試合を終えました。

Jsc2012010

終わって写真撮影をしていると、応援に来られていた都並さんもグランドまで激励に来られました。

Jsc2012011

優勝はいつも心地よい余韻を残してくれます。
さぁ、4月から浦安サッカークラブ(浦安SC)として再出発です。
これまで以上に応援よろしくお願いします。

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top