2011.11.27

2011年関東大会優勝!

Jsc2011a16

優勝候補と期待されて優勝するのは並大抵の事ではない。今年度最終戦のこの日が終わってみたら公式戦の負けは2試合だけ。天皇杯千葉県の決勝と県リーグの1試合のみ。関東大会は2−0、2−1、6−0、3−0とほぼ鉄壁の守備。

サッカーで連日の試合は過酷だ。県リーグが終わり、このチームは毎週、土日を練習試合で過ごした。2日間連続の試合に慣れるため。その効果はきちんと関東大会で現れた。

試合開始。ボールはつながるものの、ゴールが決まらない。パイオニア川越工場サッカー部(以下パイオニア川越)も2日目ながら動きが良い。昨日のように簡単には崩せなかった。

しかし37分。ゴール前でトミーからつないだボールを大久保翔が蹴り込み先制。

Jsc2011a17

これで決勝戦の緊張がとけたのか、エンジンがかかったのか、40分、大きくゴール前にフィードされたボールを、飛び出した清水康也が見事なボレーシュートを決める。

Jsc2011a18

前半を2−0で折り返した。

後半は一進一退といった試合展開。

なんと言っても永井の安定したゴールセービングが光った。

Jsc2011a19

守護神がしっかりと仕事をすると前線も仕事がしやすい。

後半も半分が過ぎたところで清水康也にボールが渡ると何かが起こる。これは本当に起こるのだ。

ゴール前で清水が相手を弄ぶがごとく逆をとりながら大久保に的確なパス。大久保が一旦相手の動きを見て清水に返す。このシュートをディフェンダーが弾いたところでつめていた長谷川が突き刺した。

この大会は斎藤芳行監督の劇場だった。新チーム結成後、天皇杯、県リーグと斎藤イズムを選手にしみ込ませた。フォワードが前線で献身的な守りをしながら、奪ったボールをスピードアップして左右に振りながらゴールに迫る。そしてディフェンダーの体を張った分厚い守り。どんなにプレッシャーを受けても絶対にゴールを割らせないという強い意志。

そして週4日間の徹底した走り込み。この走り込んだという自信が後半に活かされる。選手は練習がきつ過ぎるので、試合できついとは思わないのだ。最後の瞬間まで走り、そのスピードが落ちる事はない。

この斎藤イズムは控えの選手まで徹底して鍛え込まれている。4日間の大会で当然欠場者が出て来る。事実準決勝では都並キャプテンを含む通常スタメンの3名が欠場。決勝でも2名が欠場しているが、サポーターにそれを気づかせないくらい全く同じサッカーを出来るのだ。選手達はこのグランドという劇場で、それぞれの役目を見事に果たす。

そしてつかんだ優勝と関東リーグへの昇格。

Jsc2011a21

浦安は震災で大変な被害を受けた。3月11日以降、選手達は浦安市での練習は一度も出来なかった。都内の施設を点々とし、週末は公式戦と練習試合で鍛えられた。このつらい状況がむしろ選手達を発奮させた。負けられない。浦安は立ち上がる。そんな思いがいつも伝わってきた。

県リーグでの1点差の勝利。関東大会2試合目の東京23との白熱した試合。どんなに危機が迫っていても、慌てず自分たちのサッカーを貫き、そして粘った。大差の勝利もあったが、この僅差の勝利にこそ価値がある。

毎試合、浦安市サッカー協会が震災後に作成したステッカーを張って試合にのぞんだ。この気持ちを届けてくれた浦安を誇りに思う。

Jsc2011a20

<次は佐々木竜太選手の引退>

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top